2018年10月14日

秋の香水


庭のキンモクセイの花が咲き乱れています。
色は柿色。
甘い香りが、風に乗って窓から部屋に届きます。
しかし、ちょっと鼻の調子が悪いので香りも少なめ。
花が散ったら剪定作業が嫌なんです。


昔、田舎の香水と言う死語がありますが、
何かにつけて発想力が豊かな日本人ですね。
外国語にもそんな単語はあったのだろうか。

★田舎の香水とは、便所から汲み取った汚物を
畑にばらまいて肥料にしていました。
そのような香りのことなんですよニコニコ

畑の隅っこには、肥え溜めがあり、
そこへ一度汚物を溜めます。
そこで発酵させてから畑に蒔くといい肥料になります。
そこへ落ちる人もたまにはいました。
牛が落ちたのを見たことがあります。ウシ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 12:41│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。