2018年10月11日

柿色という言葉が懐かしい

柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺


昔は、どの家の庭にもあった柿の木。
いっぱい実っていました。



写真は、奈良の柿だそうです。

甘くて柔らかな果肉が気に入りました。

しかも、四角い形が面白い。

皮を剥くのが嫌で果実は敬遠ぎみでした。

妻に差し出された果実の味は美味しかったけど、

3ヶ月前に天国へ行ってしまったので、

誰も果実を剥いてくれませんなき

柿を墓前に供えてあげました。



しかし、果実の美味しさに目覚めました。

秋の象徴とも言える柿ですが、

晩秋には、枯れかけた木に残る柿の実をモズがつつく姿は、

また絵になる。

あの鮮やかな色こそが柿色なんですね。

小学生の頃の写生大会で描いた景色が浮かんできた。




スーパートライアルで1個39円と安いけど、味は高級品でした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリー(暮らしの話題)の記事画像
秋まつり
珈琲に砂糖は要らない
パンジーを植える時期
誰でも作れるプランター栽培
明石城で見た海を渡る珍しい蝶
朝から食い過ぎ?
同じカテゴリー(暮らしの話題)の記事
 秋まつり (2018-10-20 17:07)
 珈琲に砂糖は要らない (2018-10-20 16:51)
 パンジーを植える時期 (2018-10-17 14:38)
 誰でも作れるプランター栽培 (2018-10-12 13:29)
 明石城で見た海を渡る珍しい蝶 (2018-10-08 23:06)
 朝から食い過ぎ? (2018-10-03 22:42)

Posted by たそがれの太陽 at 12:11│Comments(0)暮らしの話題
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。