2018年08月30日

妻が愛した花木



毎年、7月で咲き終わる花が再び咲き出した。
こんなことは初めてなので驚いている。
妻が愛したオレンジの花。

台風とか大雨とか災害に縁の無い瀬戸内の明石市。
しかし、台風20号の風が襲いかかってきた。
その時、アジア大会競泳男女混合リレーの一番見せ所で停電。
雨戸を閉めていると外の状況が分からない。
ローソクは妻の遺影の前から拝借して、
その場を凌いだが、ローソクでは何時間も持たないからね。

雨の中を走って、花壇のソーラーライトを引き抜いてきて、
部屋の中央で照らしてみると明るい。
お隣さんらはどうしているのか気になった。

電池の切れた懐中電灯を探して電池の交換。
備えあれば憂い無しというが、
突然の停電には対処しようが無い。



電気は深夜についたが、もうくたびれて睡眠。
朝目覚めて花壇を見ると木が倒れている 
あんなに大きくなった紅満さくの木が勿体ない。
根が浅かったのだろうか・・。
先月、天国へ行ってしまった妻が愛した花木だったが。
悲しい思いをしているのではないのかな。



スッキリと枝を払い 切り倒してしまった。



36年も前の何も無い風景が戻ってきた。
花壇を整理して野菜を植えようか。
少し広くなったので、野鳩が餌を探して舞い降りてきた。
鳩は図々しいから野放しにしてはいけないね。



南海上で発生した21号が再来しそうだ。
西日本へ来るのは間違いなさそうなので、
今度は何を倒していくのだろう。
心の準備だけはしておきましょう。

このくそ暑い温度だけでも連れて帰ってほしいな。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリー(暮らしの話題)の記事画像
芋の鑑賞はいかが?
秋まつり
珈琲に砂糖は要らない
パンジーを植える時期
誰でも作れるプランター栽培
柿色という言葉が懐かしい
同じカテゴリー(暮らしの話題)の記事
 芋の鑑賞はいかが? (2018-10-23 23:19)
 秋まつり (2018-10-20 17:07)
 珈琲に砂糖は要らない (2018-10-20 16:51)
 パンジーを植える時期 (2018-10-17 14:38)
 誰でも作れるプランター栽培 (2018-10-12 13:29)
 柿色という言葉が懐かしい (2018-10-11 12:11)

Posted by たそがれの太陽 at 22:34│Comments(0)暮らしの話題
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。