2017年09月24日

「ひょうごまちなみガーデンショー」


園芸愛好家らによる寄せ植え作品や
造園業者らが造った庭の見本などを展示する
「ひょうごまちなみガーデンショー」が23日、
兵庫県の明石公園などで始まった。


オリジナルの鉢作り体験や木工の雑貨販売などもあり、
多くの来場者が花と緑、草木に親しんでいます。
秋になると毎年行うので楽しみのひとつです。


宮本武蔵が作った庭園などには、
県内の園芸愛好家が作った寄せ植えや
壁掛け型の「ハンギングバスケット」などが展示。





ベゴニアやケイトウ、ハマギクなどを使った色彩豊かな作品や、
流木を使った造形美あふれる作品など、
個性豊かな“花と緑の芸術”が並んでいます。


秋の芸術文化(園芸)に触れたい人は
10月1日まで楽しめそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 16:10│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。