2017年04月18日

いいから いいから

絵本作家「長谷川義史」さんの展示会を覗いてみた。
幽霊や貧乏神と出会っても「いいから いいから」と広い心で受け止め、もてなしてしまうおじいちゃんだったそうです。

そんなおじいちゃんと孫である長谷川さんとの愉快で驚きのストーリーが、4シリーズ人気の絵本として発行されている。
 

 テレビ番組の「ちちんぷいぷい」で放送されたりしますが、
旅をしながらスケッチを描くシーンが好評だ。
 
見たもの、感じたものをパッパッとスケッチする姿がユーモラスだ。
元グラフィックデザイナーであるだけに、作品のセンスが良い。
会場には読み聞かせタイムがあったり、
自由に絵本が見られるコーナーがあったりと工夫されている。
子供にも大人にも愛されるキャラクターが、楽しませてくれました。

 
絵本になるまでに、何枚もの下書きが描かれていたので驚きました。

明石市立文化博物館にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 16:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。