2014年10月23日

40人学級制度に逆戻りしたら・・

公立の小学校で導入されている35人学級制度。

財務省が言っているのは、
いじめや不登校などで目立った改善が認められない。
40人学級へ戻すよう見直しを求める方針らしいです。


文部科学省は、
教育の質の向上などにきめ細かい指導体制が
欠かせないとしていて、同じ方針でいこうとします。



公立小学校の35人学級は、
入学直後にきめ細かな指導をするため、
平成23年度から1年生の児童を対象に導入されている。

しかし、財務省が効果を検証した結果、
1年生とほかの学年を比べいじめや不登校の発生割合は、
導入前の5年間の平均で、いじめが10.6%、
不登校が4.7%だったのに対し、
導入後の2年間は、いじめが11.2%、不登校が4.5%となり、
目立った改善がみられないと言っています。


従来の40人学級に戻した場合、
必要な教職員の数はおよそ4000人減り、
国の負担はおよそ86億円減らせるらしい。

年末の予算案の編成に支障が予想されますね。




そうか、、、
35人学級なら賢い生徒が育つと思っていたのですが、
アカンかショック!
ということは、先生側の指導に問題があるんじゃないの目

先生をめざす人達の就職にも影響が出そうだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 16:21│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。