2016年10月31日

富士はどこにもある山だが

旅も趣味のひとつです


怪魚ネッシーにあやかって名付けられたイッシ―。
そのイッシ―で有名になった池田湖から望む薩摩富士・
鹿児島県人は誇らしく開聞岳と呼ぶそうだ。


指宿で知られるのは砂風呂だけでなく
大自然に囲まれて沢山の名物スポットがある。


その薩摩富士をぐるりと巡って、
どこから眺めても額に収まったように絵になる姿。
まもなく色づく姿はきれいだろう。
ここで注目するのは農業の仕方。
関西の畑と番うトラクターでの耕作。
だだっ広いので畝を立てない耕し方は北海道みたいだ。


九州最南端の岬「長崎鼻」から、晴れた日には硫黄島も見える。


JR最南端の駅「西大山駅」は、
テレビで旅人がチャリンコやバスの旅で登場する駅だ。



こんな遠くへよくも来たもんだ。
愛車を連れてきた甲斐があったというものハート

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 17:11Comments(0)

2016年10月29日

賑わう山陽電車のフェスティバル

山陽電車東二見車庫にて、毎年恒例のお祭り拍手
朝はひんやりしましたがイベント日和りで凄い賑わいでした。
大人も喜ぶ一瞬でしたが、
昼前に行ったので抽選券はもらえませんでした。


お昼時なので唐揚げと高砂のにくてん焼きを食べて、
福玉焼きを家族でつまみました。
見ての食べ歩きなので、お腹を満たさなくても楽しいものです。



子供も大人にも人気のプラレール実演があり、
ミニチュアが走る姿は本物みたいでした。


近畿の観光地からミス○○さんが来たり、
姫路のしろまるひめなども記念撮影に応じていました。
観光地のパンフレットをいっぱい貰ったので
また旅の予定でも組みましょうか。
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 16:05Comments(0)

2016年10月28日

カメダ珈琲店が流行っている

ちょっとお昼ごはんを食べよう・・
今年の春にオープンしたカメダ珈琲店が流行っている。
カメダ珈琲店という名前にちょっと反応した。
どこかで聞いたような名前だったから。
喫茶というよりもランチの注文が多そうだ。
 

 珍しいが うまそうな焼きカレー
 

チーズのかかったハンバーグどんぶり
 

食パンをくり抜いてアイスクリーム風のデザートに
すっぱいイチゴのトッピングが甘さを引き出す。
 


 
やっぱりコーヒーも頼まなきゃね。
このコーヒーはがっつり濃くて味わったことのない苦み。
アメリカンを注文するべきだったよ。
カメダコーヒーは濃い店だった(笑)

★鹿児島県鹿屋市にて
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 10:04Comments(0)

2016年10月27日

伝説を学びながらの旅

ここは、まだ宮崎県。
都城という鹿児島県との県境にある道の駅で一服。



道の駅・おおすみ弥五郎伝説の里
農土家市という大隅町の特産品直売施設。
さすがに農家をイメージする鶏、黒豚、和牛のお出迎えです。
 

小高い丘に建つ弥五郎の銅像。
高さが15mもあるので圧倒されてしまう。
広大な施設を散するとかなりの広さに驚いた。
弥五郎さんの意味を探っているところです。

弥五郎(やごろうどん)の巨人伝説
むかしむかし、宮崎の南の方に「弥五郎どん」という人がいました。
弥五郎どんは、それはそれは大きい人で、山に腰かけて
海でざんぶざんぶと顔を洗ったくらいでした。
弥五郎どんが歩くとその足あとが谷になったり池になったりもしました。
弥五郎どんはとてもやさしい人でした。
ある日、大雨がふって、川の土手がこわれてしまったときのことです。
村人が
「弥五郎どん。近くの川の土手がくずれてしまいました。どうか直してください」
とお願いすると、弥五郎どんは
「よし分かった」
と言って、山の上から大きな岩をひょいと持ち上げると、
土手のくずれたところにポンと置き、あっというまに直してしまいました。
弥五郎どんはいたずらも大好きでした。
ある時、大きな岩で川の水をせき止めて、
「おれのわらじを百足作ってくれたら、この岩を取ってやってもいいぞ」と言いました。
村人は
「また、弥五郎どんの無理なわがまま言いがはじまった」
と笑っていました。

また、ある時は
「山に登って、かみなりさまをかき混(ま)ぜて、
二度と鳴らんようにしてくれる」
と言い、これには村人たちもびっくりしてしまいました。
このように村人たちは、弥五郎どんから助けられたり、
いたずらされたり、おどろかされたりしながら、
おたがいに仲良くくらしたということです。


  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 18:11Comments(0)

2016年10月26日

噴火しない桜島を見た

見る角度によって色んな表情を見せる桜島。
ズームアップすれば山肌のリテールが細部に渡って見える。
今年はまだ噴火しておらず静かな桜島が拝めた。
垂水港を出港して鹿児島市の埠頭を目指している。
 


遠くから前景をとらえた。

 
フェリーが鹿児島の港に近くなると桜島の形状も変化してくる。
富士山も見る側の人にとっては表富士、裏富士と言って争う
桜島もグルリと回って見ると面白いだろう。
テレビなどで見る桜島は鹿児島市街の城山からの景色が多い。


フェリー眼下の波に吸い込まれそうになる。  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 17:23Comments(0)

2016年10月25日

今はもう秋 誰もいない日南



日南海岸での撮影。
昔ならハネムーンのメッカ。
だれもいませんでしたキョロキョロ



あれれ、どうして・・横向きの写真にアップされた・・・  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 17:40Comments(0)

2016年10月24日

旅の空


三宮の突堤から宮崎カーフェリーに乗船して、
目覚めればそこは宮崎。
慣れない道路を突っ走って、一路「青島」へ向かう。

昔なら新婚旅行のメッカとして賑わった日南の地だけど、
土曜日でも観光客はチラホラ。
そのほうが ゆっくり景色を味わえるというもの拍手
その土地特有の美味しいものが沢山あって、
食べる旅になってしまいそうです。
ちなみに日向夏ソフトクリームは最高!


南国にしかないような珍しい木に咲く花・トックリキワタです。
葉の無い木には大きな花が咲いている。
ハナミズキのようでそうでもない不思議な種類。



広大な自然を利用した「子供の国」で小休止。



まるで真夏の気温だったけど、
ファミリーで楽しそうに遊ぶ風景が印象的だった。
そう、昔なら新婚旅行の日南ですちっ、ちっ、ちっ



宮崎の方言が掲示してあった。
元県知事の東国原さんが喋っていた言葉もあって
面白いのでじっくり観察した。

てげ 面白いなメロメロ   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 17:06Comments(0)

2016年10月05日

明石みやげならコレ


お土産にするには地元の品が良い。
自分が好きな、持って軽い品が良い。


特に好きな組み合わせ


特に美味しいたこせんべい拍手


薩摩の人は喜んでくれるだろうか・・・
しばらく兵庫ともおさらば。  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 17:42Comments(0)

2016年10月04日

天高く・・

台風が沖縄を通過したとのニュースを聞きながら菜園で作業。
次は九州を襲い、その次は近畿へ大雨まき散らしながらの大風か。
明日の風雨の前に片づける事がある。


曇天の空に向かって高くそびえるオクラの木は
台風で倒れるかもしれない。


その先っちょには、種を保存しようと思って1個だけ残している。
無事に残れば来年も丸オクラが食べられるという計算をしている。
喜ばれる台風になるか、憎まれる台風になるか結果を待とう。








  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 16:52Comments(0)

2016年10月03日

新幹線から見えた姫路城


次は ひめじ~
社内のアナウンスが聞こえて
ビルの陰から白亜の城がチラリ。
やっと帰ってきたと安堵感が噴き出す。
やはり、わが心の故郷なのかもしれない・・・  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 12:33Comments(0)

2016年10月01日

運動会









ハッスルしたらお腹がすいたと言ってました。
昔懐かしい運動会でのお昼タイム。
家族が楽しいのは小学生の時だけなんですね。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted by たそがれの太陽 at 22:29Comments(0)